UPDATA 2018.02/01 /// 実施プロジェクト(海洋資源探査・開発)

海洋環境及び海洋生物に関する観測データ採取手法の開発

【目的・概要】

 海の環境や生物の観測は水産業には欠かせないが高コストである。移動を繰り返すイルカ・クジラや漁船自身に情報を取得してもらえれば大助かり!世界トップクラスの記録計は日本にあるが、それをイルカクジラに装着する高品質の吸盤や筐体が必要。遊泳中は外れにくく脱着が容易なシステム作りを目指す。

 

【実施者】

  ■三重大学 生物資源学研究科 准教授 森阪匡通(プロジェクトリーダー)

  ■株式会社エクタス 取締役社長 稲田秀明

  ■東海大学 工学部 教授 稲田喜信

  ■東海大学 海洋学部 特任助教 吉田弥生

 

【研究内容】

  ①イルカ・クジラに装着する吸盤試作

  ②記録計を内蔵する筐体の試作と流体実験の実施

  ③体表面に対して最適な吸盤・浮力体システムの提案

  ④イルカ目線の動画撮影システム

 

※プロジェクトの詳細はこちら